るいともネバーランド

30代 “こじらせ” 女子をアップデート!『ココロ』も『カラダ』も美人になるブログ

るいともネバーランド

八芳園で挙式した夫婦だけのメリット!庭園で過ごす特別な結婚記念日

こちらの記事もおすすめ

この記事は、2019年1月13日に更新されました。

八芳園の入り口に立つわたしの後ろ姿

 

さわやかな秋晴れの10月2日。
今日からちょうど2年前、八芳園(はっぽうえん)で結婚式を挙げました。

 

結婚式の日も、去年の1周年記念日も、毎年この日はおだやかな晴天。
今年も台風等々ありながら、今日は最高のお天気となってくれました。
空に感謝!

(ここ数年間の10月2日の晴天率、かなり高くなっているハズ!結婚式を考えてるひとにはオススメの日・・かも?)

 

八芳園で挙式した夫婦の3つのメリット 

そして、この八芳園で結婚したことによって、結婚式を終えて2年経った今も、大きなメリットを感じています。

そのメリットが以下の3つ。 

  1. 500年の歴史をもつ入場無料の庭園と神聖なチャペル
  2. 式当日だけじゃなく、未来にも寄り添ったプロデュース『アニュアルレター』
  3. 最高のスタッフ 

これらのメリットのおかげで、結婚1周年も2周年も、素敵な結婚記念日を過ごすことができています。

結婚式って式の当日が終わったら、そこで終わりかと思っていましたが、八芳園は結婚式の日がスタート地点になる。

そんな式場なんだと、改めて感じた結婚記念日となりましたので、その3つのメリットについて、くわしくご紹介します。

 

八芳園で挙式した夫婦のメリット① 入場無料で何度でも訪れることができる庭園とチャペル 

八芳園には、総面積12,000坪、500年の歴史をもつ日本庭園があり、無料で何度も訪れることができます。

また、その庭園の奥には『ガーデンチャペル』という独立型のチャペルがあり、こちらも結婚式で使用していなければ、自由に中に入ることができます。

 

結婚式当日、とってもお世話になった、庭園やチャペル。

そんな、夫婦にとって“パワースポット”のような思い出の場所を、結婚記念日などの大切な日に、夫婦で結婚式の思い出を語りながら散歩することができるのは、八芳園挙式の大きなメリットです。  

八芳園の門を手をつないでくぐる旦那と私

わたしたち夫婦も、結婚式の2周年記念日の今日、無事に2周年を迎えられたことに感謝しつつ、夫婦2人で八芳園を訪れました。

1周年に引き続き、2人で来ることができてよかった。

 

八芳園の庭園

八芳園の庭園マップ

八芳園の庭園は、総面積12,000坪、東京ドームの約3分の2の広さがあり、およそ500年前から変わらずそこにあり続けている、歴史ある庭園です。

植物は時代によって変わっていますが、大きな石など、500年前からそこにありつつけるものもあり、一歩庭園のなかに入ると、都内にいることを忘れてしまうような、歴史の重みを感じる庭園なのです。

八芳園の歴史について

 

八芳園の庭園(池)

ちなみに”八芳園”という名前の由来は、『四方八方どこから見ても美しい場所』という意味を込めて命名されたそうです。

まさにその名の通りっ!おっしゃる通りっ!

 

365日春夏秋冬いつ訪れても、美しくお手入れされた八芳園のお庭。

でもやっぱりわたしは、緑の時期が一番好き!

八芳園の庭園(階段) 

さくらの季節から10月末くらいまでは、緑がキラキラしている庭園が楽しめて、1年のなかでもとくにオススメの期間です。

 

ちなみに、結婚式当日は、この美しいお庭でたくさん写真を撮ります。

結婚記念日をむかえるたびに、毎年結婚式当日と同じ場所で写真を撮って、1つずつ年を重ねていくというのも、ステキですよね。

スポンサーリンク

 

◎八芳園庭園の桜◎

八芳園の庭園の桜

八芳園の庭園には、全部で4種類のサクラが植えられています。

 

河津桜の開花からスタートしソメイヨシノしだれ桜八重桜と、順々に桜が楽しめるような工夫がされているこの庭園。

例年ですと、3月初旬から4月中旬ころまでの、約1ヶ月半もの間、桜を楽しむことができるんです!

 

また、御衣黄(ぎょいこう)と呼ばれる、黄緑色の花が咲く八重桜も1本植えられており、こちらも4月中旬ころに見ることができます。

 

こんな八芳園なので、6月や10・11月に加えて桜の季節の結婚式も非常に人気が高いのですが、『ぜったいにお庭に桜が咲いているときに結婚式を挙げたい!』という夫婦には、4月の1週目がオススメとのこと。

この時期であれば、多少桜の開花の時期がずれても、4種類のうちのどれかしらの桜が咲いており、桜を入れた挙式の写真を撮れる可能性が非常に高くなるそうです。

 

◎八芳園庭園の錦鯉◎

八芳園の庭園(池の鯉)

八芳園の庭園には、中央に大きな池があります。

その池には、錦鯉発祥の地とも言われている『新潟県山古志村の錦鯉』が、約200〜250匹優雅に泳いでいます。

錦鯉は、“泳ぐ宝石”とも言われており、見ているだけでその美しさに癒されます。

新潟県山古志村ってどんなところ?

 

こちらの錦鯉、真冬の12月〜2月頃は冬眠しており泳ぐ姿が見られませんが、それ以外の季節であれば、美しい姿を鑑賞することができます。

人にも慣れていて、池に近づくと寄ってくるので、とても可愛いです。 

 

庭園を夫婦で散歩して、2人で写真を撮ったり、結婚式のときの気持ちや空気を思い出したら。

そのあとは、水亭で、足を止めてひとやすみ。

八芳園庭園図の水亭の場所 

水亭のイスに座り、ゆらゆら揺れる水面と、美しい錦鯉をながめながら、相手への感謝や、2人のこれからの未来について、ゆったりと話してみるのも、結婚記念日のオススメの過ごし方です。

八芳園庭園の水亭から見える池

 

そしてそして、なんとこの素晴らしいお庭は、いつでも無料で開放されています。

(年末年始を除いて年中無休。開放時間:10:00〜22:00。)

基本的には、八芳園施設やレストラン使用者への解放のようですが、だれでもふつうに入れます。

 

挙式中は10分程度入り口がクローズになることもあるようですが、10分待てば、開放時間内はいつでも中に入れます。

また、桜の時期や紅葉の時期など、四季折々でライトアップもされており、昼も夜も、春夏秋冬、楽しめるお庭になっています。

八芳園紅葉のライトアップ  

こちらは、紅葉の時期の水亭の周辺のライトアップ。

池の水面にうつる真っ赤な紅葉が、なんとも幻想的な雰囲気です。

 

こんなに素敵な日本庭園を結婚式の思い出にでき、結婚記念日のたびに、夫婦で訪れることができる。

そして、結婚記念日の写真を撮ったり、2人の未来についても語り合うことができる。
しかも毎回無料!(ちなみに、約200台の車を停めることができる駐車場も、なんと無料です。)

『八芳園で結婚式して良かった〜』と、この庭園を訪れるたびに思います。 

スポンサーリンク

 

 

八芳園のガーデンチャペル 

ガーデンチャペルのドアを開ける旦那

お庭の奥の森の中には、とっても立派な独立型チャペル。

八芳園には、この『ガーデンチャペル』と『オリエンタルチャペル』の2つの独立型のチャペルがあります。

ガーデンチャペルは約75年前に建てられたもので、もうひとつのオリエンタルチャペルは、約10年前に建てられた、比較的新しいチャペルです。

 

2つのチャペルがある中で、わたしたちがガーデンチャペルを選んだ1番の理由は、庭園の奥の森の中にあって、自然にかこまれている雰囲気がステキだったからです。

 

ちなみにオリエンタルチャペルは、ガーデンチャペルよりも広く、天井が高くて開放的な雰囲気は魅力なのですが、チャペルの目の前が道路。

八芳園のオリエンタルチャペル

さらに、チャペルの窓からは、外のビル群が目についてしまい、人工的な雰囲気を感じてしまったので、私たちはガーデンチャペルを選びました。

 

自然派のカップルや、『挙式には非日常が重要!』というカップルには、ぜったいにガーデンチャペルがおすすめです。

 

そしてガーデンチャペルなら、結婚式後にあらためて八芳園に遊びにきたときにも、庭園を散歩して、そのままの流れでチャペルに遊びに行くことができるというメリットもあります。

ちなみにわたしは、以前から、挙式は神聖な場所で挙げたいと考えていました。
なので、ビルの中に入っているようなチャペルではなく、『独立型チャペル』があることが、式場選びの必須条件だったんです。

そしてこの、独立型チャペルにも、こだわってよかったなぁと思います。

結婚式後に改めて訪れても、本当に神聖な雰囲気。 

ガーデンチャペルのバージンロード

挙式等で使用されていなければ、チャペルの中にも普通に入れます。

バージンロードアゲインだって、できちゃいます。

結婚記念日のたびに訪れることで、挙式当日の神聖な気持ちを取り戻すことができる、とてもおすすめのスポットです。

 

八芳園で挙式した夫婦のメリット② 未来に寄り添うプロデュース『アニュアルレター』

『結婚式がゴールじゃない、スタートだよ』

よく聞く言葉ですが、八芳園は、このスタート後の未来にも、寄り添ってくれる式場です。

そして、その未来をとても上手に演出してくれるのが、挙式後の夫婦に送られる『アニュアルレター』なんです。

 

結婚式ってたぶん、人生で最高のパーティーです。

当日は、自分の大好きなひとたちから何度も『おめでとう』って言ってもらって、ホント、幸せすぎて泣けてきます。

 

でも、幸せな時間って、終わってみると、打ち上げ花火みたいに一瞬なんですよね。

あっという間すぎて、ほっといたら忘れちゃう気がします。

 

でも、その一瞬のすばらしい時間を、その後の未来につなげるために。

八芳園が新郎新婦に贈ってくれる『粋なプレゼント』があるんです!

 

アニュアルレターとは

その八芳園からのプレゼントが、『アニュアルレター』です。

八芳園で挙式をするといただける、オリジナルのノート(というより、分厚い本のような外観)です。 

アニュアルレターの外観

じゃーん!

革製で、洋書のようにおしゃれ。重厚感アリ。

 

アニュアルレターの中身

中身はこんな感じ。

 

1年に1回、結婚記念日に、お互いに相手への『感謝』『約束』を記していくノートです。

1冊のノートで、新郎新婦それぞれ、逆サイドから記載スタート。

金婚式の50年目まで書くと、最後、真ん中でお互いのページが隣り合わせになるという。
なんとも“にくい”つくりになっています。

 

スラッシュカフェでアニュアルレターを書く旦那

スラッシュカフェでアニュアルレターを書く私

このアニュアルレターを、八芳園のお庭が望める“スラッシュカフェ”で書くのが、結婚1周年・2周年と続けている、わたしたちのスタイル。

 

八芳園という空間で書くことで、すこし照れてしまう内容でも書けてしまうという不思議。
まさに、八芳園MAGIC!!

 

これから歳を重ねても、毎年結婚記念日はこちらにお邪魔して、夫婦で初心に戻れたらいいなぁと、思っています。

そしてそんな風に、結婚したあとも初心を大切にしていきたい夫婦には、このアニュルレターは、すばらしい活躍をしてくれるハズです。

スポンサーリンク

 

 

八芳園に行ったらスラッシュカフェもオススメ! 

このスラッシュカフェも、わたしたち夫婦のオススメの場所です。

八芳園の敷地内では、唯一のカフェである、スラッシュカフェ。
『Farm to Table』というコンセプトで、こだわりの東京野菜も使いながら、ココロも身体も元気になるようなお料理を提供しています。

(その他八芳園の敷地内には、和食レストランの槐樹や、料亭の壷中庵などがあります。)

 

ちなみに“スラッシュ”という英語は、日本語で鶇(つぐみ)という小鳥を表していて、お客様が小鳥のように集う場所をイメージして、作られたそうです。

八芳園スラッシュカフェの外観

カフェの外観も、鳥かごをイメージしてつくられたのだとか。

 

スラッシュカフェの席数は、全部で123席。
店内の席がメインですが、気候のいい日は、お庭を見渡せるテラス席が、ダンゼンおすすめです!

 

予約は基本的に、食事のお客さんのみ。

さらにテラス席の予約は、“平日のみ”となっています。

土日にテラス席に訪れる際や、お茶だけの利用などの場合は、当日訪問して入るということになります。

混雑状況は日によってちがいますが、10月の平日の昼間に、予約なしで訪れているわたしたちは、今のところ2回とも、無事にテラス席をゲットできています。

 

お庭散策を満喫したあとは、今度はこちらのスラッシュカフェのテラス席からお庭を眺めつつ、夫婦で毎年アニュアルレターを書いてみてください。

 

◆スラッシュカフェ(八芳園内)

<営業時間>

平日 :(ランチ)11:00〜14:30 (ティー)14:30〜17:00 (ディナー)17:00〜22:00

土日祝:(モーニング)8:00〜11:00 (ランチ)11:00〜14:30 (ティー)14:30〜17:00 (ディナー)17:00〜22:00

<定休日>

年末年始

<スラッシュカフェ予約・お問い合わせ先>

03-3443-3105

スラッシュカフェの詳細はこちら

スポンサーリンク

 

 

八芳園で挙式した夫婦のメリット③ 最高のスタッフ 

落ち葉を集めてつくったハート型

そして、八芳園最大のメリットは『人』です。

八芳園のスタッフは、元ディズニーキャストなど、おもてなし大好き人間多数!

全てのセクションを合わせると、300人ほどにもなるスタッフが、結婚式当日はもちろん、結婚式後に八芳園に遊びに行くたびに、最高の笑顔で迎えてくれます。

 

式場見学の案内の方から、披露宴全体の担当の方、司会の方、お掃除の方まで。

とにかくみなさん、笑顔で楽しそうにお仕事をされていて。

(上の写真の、落ち葉でつくった♡マークも、お掃除の方がこっそりつくっていました。)

 

顔なじみになった駐車場スタッフの方もいて、八芳園に遊びに行くたびに、毎回おもしろい夫婦写真を撮ってくれるというサービス精神!

おかげで八芳園に行くときには、『今日はあの人いるかな〜?』なんて、ひそかな楽しみだったりもします。

 

もちろん、結婚式当日もスタッフの方々のおもてなしはすばらしく、披露宴に参加した友人も、『スタッフの対応がすごく良かった』と喜んでくれました。

 

また、披露宴のゲストだけでなく、わたしたち夫婦に対しても、結婚式を挙げた直後に、司会の方や、式場の案内の方までもが、直筆のメッセージを送ってくれました。

 

年間約1800件もの結婚式をこなし、平日は会合やパーティーの場として、さまざまなお客様のをおもてなししている、八芳園スタッフ。

本当に、いつ遊びに行っても、感じがいいんです。ものすごく!

 

八芳園の方々を見ていると、いい人のところには、いい人が集まってきて、いいコミュニティができる。このことをつくづく感じます。

まさに『類は友を呼ぶ』的な空間なのです。

だからこそ、何度も足をはこびたくなるんでしょうね。

 

結婚式のあとの未来もずっと、そんな素敵な方々とつながっていける。
これが、八芳園挙式の最大のメリットかもしれません。 

 

ARI-GATAI

八芳園の野立て傘
 

結婚式の準備、結婚式当日、結婚式を終えたあと。

どれもとても大切ですが、結婚式後の未来が、時間として一番長くなる人が多いと思います。

そんなこれからの長い夫婦の時間に、最高の『庭園』と『アニュアルレター』と『人』で寄り添ってくれる。

 

そして訪れるたびに、旦那をはじめ、すべてのことは『あって当たり前』ではなく『有り難い』と感謝したくなる。


そんな八芳園は、結婚式当日の誓いをずっと大切にしていきたい夫婦に、本当にオススメの結婚式場です。

 

ちなみに、式場の見学に行く際は、Hanayume(ハナユメ)で予約するのがお得です。

ハナユメで式場見学を予約するだけで、実際の挙式時に、なんと100万円も割引になることも!

とりあえず、見学だけしてみるのも、楽しいデートコース。

ハナユメ限定特割引で人気式場も大幅割引!Hanayume(ハナユメ)でフェア予約

 

わたしたちも、デート代わりに、式場めぐりや試食ツアー(笑)。

一生に一度の機会なので、かなり満喫しました! 

 

◆八芳園

住所:東京都港区白金台1−1−1

電話:03−3443−3111(代表)

最寄り駅:東京メトロ南北線・都営三田線 白金台駅より徒歩1分

     JR品川駅高輪口より、無料シャトルバスあり(所要時間10分)

     土日は毎日運行。平日は要問い合わせ。

     シャトルバスの詳細はこちら

※敷地内への、ペットの同伴はNGです。(盲導犬は可)