🌿るいともネバーランド🌿

『ライフシフト』『結婚』『プチぜいたく』 〜30代からの自分を大切に咲かせるために〜

30代独身女子の生きづらさ。私が婚活した理由と妻の立場最強説

小さいころから、それほど結婚願望がなかったわたし。そんなわたしが、婚活をして、約2年前に結婚をしたのですが、そもそもどうして婚活をしてみようと思ったのか。

  • とりあえず、出会いを増やして彼氏がほしかった。 
  • 女性としての市場価値を、確認してみたかった。
  • 婚活って、どんな世界なの?という好奇心があった。
  • ほんっとーーーに、一生独身で後悔しないか、念のため確認したかった。

そしてそして、『独身アラサー女子に対する、世間の雑音から解放されたかった。』そんな思いがありました。

 

独身アラサー女子の生きづらさ

押しつぶされて苦しむ人

30歳過ぎて独身で、しばらく彼氏もいなかったわたし。社内では、連れ回しやすくて、ネタにしやすい存在でした。

 

『はるちゃんは、“独身”だし、接待も朝までOKだよね〜』

それ、独身なのカンケーあります?というような、セクハラまがいの発言は、日常茶飯事。

 

『はるちゃんは、なんで結婚しないの?なにか、すっごい欠陥があるとか??』

『なんか、男性にきびしそうだもんねー。奥さんにしたらコワそー。』

はい、余計なお世話です。会社では、仕事だから、お仕事ですから、自分の意見も主張して、キッチリやってるんです。プライベートでは、そんなにしっかりしていないし、強くもないのに。(それにしても、わたしって、そんなにコワそうに見えるの??とか、ちょっと凹んでみたりもする。)

 

そしてなにより、30歳を越えたころから、既婚男性に言い寄られることが、格段に増えました。とくに、弱っているアラサー独女は、100%つけこまれます!

 

そりゃあ、わたしも人間だもの。弱いときがあります。男性に頼りたいときもあります。

 

そんな『スキありサイン』を、ゲス既婚男性は見逃しませんっ!

あの手この手のあまーい言葉にまどわされ、うっかりその気になってしまったこともあります。

ダマされてキズついて、気持ちがぐちゃぐちゃになったりして、『なんか、独身って、いろいろツラいなー』と思うことが、多くなっていました。

 

内容証明事件 !探偵にもつけられる!?

そして起こった最大の事件!

『わたしにはまったくその気がなく、相手男性が勝手に言い寄ってきてただけ』なのに。その男性の奥さんから、自宅に内容証明を送りつけられるという事件!!!爆笑

(内容証明とは、郵便サービスの1つで、いつ・だれに・どんな内容で送ったかを、郵便局が証明してくれる、手紙のようなものです。今回の内容証明は、カンタンにいうと、『あなた、うちの旦那に手を出していますね。今すぐやめてください。』というような内容のものでした。たぶん笑)

いやいやいやいや、わたし、あなたの旦那さんに、まったく興味ないですからー!ざんねんっ!(←古い)

 

その男性は、同じ部内の上職者。会社での立場を利用して、わたしの出張に勝手についてきたり、わたしには直接関係のない接待に同行させたり。

で、そのあとにはしつこく、『今日はたのしかった♡』『あいかわらず可愛かったよ♡』『うちの嫁コワいし、オレ愛されてないから、はるちゃんにいやされたー♡』的なメールが、ガンガン送られてくる。

でも、出張や接待って、会社でこちらの立場が弱かったら、断れない。上職者から何回もメールが来たら、とりあえず、『こちらこそ、今日はありがとうございました。』ってメールを、返すしかない。

 

で、何がどーなったか、その男性の奥さんに恨まれるハメに。。

落ち込む人




当の男性本人は、わたしに対しては、『うちの奥さん、かなりヒステリーになっちゃって。。なんか巻き込んじゃって、ごめんねー、えへへー。』と、かるーくあやまってきて終了。

対する奥さんには、ティファニーでお高いジュエリーを買って、ゆるしてもらったとか。

 

『なんだそれー。』

 

ってゆーか、奥さんに、勝手に人の家の住所教えますかね??

奥さんから、『教えないと会社に送る』っておどされて、社内の住所リストを見て、教えたそうです。最低!(相手の女性を守れないヤツに、浮気する資格ナシ!)

 

そもそも、内容証明とやらを人生ではじめて知ったわたしは、まったくもって、ワケワカメ。でも、べつに何も悪いことはしていないし。むしろこっちが被害者!

けど、なんとなくこわくてネットで調べてみたら、“内容証明を受け取って無視すると、その内容を認めたことになります”、とか、“受け取ったらすぐに弁護士に相談しましょう”とか書かれていて。自分の中では、それはそれは【大事件】でした。

 

そしてなんとなんと、奥さんからは、探偵もつけられていたらしい。こわーっ!

これまた、人生初体験!もちろんその男性とは、やましいことは何もないです。でも、たとえば仕事で疲れすぎていたら、電車で優先席に座ってしまうこともあります。そういう生活のすべてを、どこかでだれかに見られてるって思ったら、すごく気持ちが悪くて。電車に乗っている人が全員、探偵に見えた時期もありました。笑

 (ちなみに結局、内容証明は、そのまま男性にご返却。とりあえず、ことなきを得ました。)

 

妻、超絶最強!!

そんなこんなで、人生初の“レア体験”をしたときに、ふとわたしが思ったこと。

『妻の立場、最強!!』

弁護士や探偵まで雇って、狂言じみた行動をした奥さんとその男性は、今でも夫婦として生活しています。

そんな状況を目の当たりにしたわたしは、『どうやら、奥さんという立場は無敵らしい。』ということを察しました。そして、『なんだかんだ、守られてていいなーっ』て、うらやましくもなりました。

さらに、夫婦の絆の強さって何者!?わたしのまったく知らない次元にあるような気がして、すごく興味をもちました。

 

で、そんなことを考えていたら、『もし彼氏ができて、その人がものすごくいい人だったら、結婚もアリかも?そうすれば、周りの雑音もなくなるし、わたしも守ってもらえる立場になれるのかも・・』と、人生ではじめて、自分から結婚を考えてみた自分がいて。

 

婚活の世界にはちょっと興味もあるし、もう既婚者につけこまれるのはイヤ!なによりそろそろカレシがほしいし、わたしもだれかに守られたいー!!!

ということで、ためしに婚活してみようかなーと思いはじめました。

 

まとめ

それにしても、30過ぎて、結婚しないで生きてくことがことが、こんなにも生きづらいとは。まったく思っていませんでした!

そして、守られている“妻”という立場の強さ、たくましさ。それらがなんだか、とってもうらやましくなったわたし。

 

そんなわたしはとりあえず、もしかしたら婚活になるかもしれない、『カレシ探し活動』を、ゆるっと始めてみることにしたのでした。

 

『なんだか最近、生きづらいな〜』と感じている方、一歩踏み出して、ためしに婚活してみるのもオススメです。

 

結婚式の男女の足下



www.ruineba.com