🌿るいともネバーランド🌿

『ライフシフト』『結婚』『プチぜいたく』 〜30代からの自分を大切に咲かせるために〜

東京から1時間、週末リゾート!『The Canvas Hayama Park 』ヴィラで非日常体験

『日常の疲れを、リゾートでゆったり癒す。』

そんな大人女子の理想を、なんと!『週末』の1泊2日で叶えてくれる!それが、『The Canvas Hayama Park』のVilla(ヴィラ)なのです。

 

1日3組限定の1棟貸し切りヴィラで、おとなぜいたくな“浄化”をしてきましたので、ご紹介します。

f:id:Lamplitna:20181031170934j:image

 

 

1、スケジュール

 

<1日目>

12:00 JR逗子駅着

12:15 駅前レンタカー

12:30 ESMERALDAでランチ

15:00 SUNSHINE+Cloud でショッピング&カフェ

17:00 The Canvas Hayama Park Villa

17:30 葉山公園からの夕日

19:00 piscariaでディナー

 

<2日目>

10:00 葉山マリーナ(ヨットハーバー)

11:00 レンタカー返却

11:30 お土産(MARLOWEプリン)

12:00 ランチ

13:00 JR逗子駅・帰路 

 

 

今回は、地元のおさななじみ3人で、30代女子の旅。 

当日は、事前の打ち合わせまったくナシで、まさかの3人、デニムシャツがかぶるという事態!!笑(デニム、ふだんほとんど着ないのに・・)

『葉山=デニム』のイメージ!?

会った瞬間に、まず3人で大爆笑するという、スタートから最高に楽しい旅になりました。

f:id:Lamplitna:20181031171127j:image

 

2、レンタカー

土日の道路渋滞をさけるため、逗子駅までは電車で快適に。東京駅から、JR総武快速線で約1時間という近さ!ただ、葉山エリアは車があった方がダンゼン便利なので、逗子駅近くのトヨタレンタカーで、車を借りることに。

レンタカーは、24時間まるまるいっぱい使えるように、12:00〜翌日12:00の予約。

帰りは、車を返却してから、駅近くでランチをして帰るという計画!ぬかりなしっ!

 

逗子駅から本日宿泊のヴィラまでは、車で15〜20分程度ですが、途中、いろいろと寄り道していくことに。

 

3、ランチ(ESMERALDA:エスメラルダ)

まずは腹ごしらえ!森戸海岸近くへ、ランチに向かいました。

f:id:Lamplitna:20181101200504j:image

海岸が真横というロケーションのエスメラルダで、お野菜中心のヘルシーなランチ。テラス席もあり、気持ちの良い海風を感じられます。

エスメラルダスープf:id:Lamplitna:20181030121459j:image

10種類以上の新鮮なお野菜、お豆腐、たまご、春雨などが入って、ボリューム満点!

 

タコとしらすの丼ぶりf:id:Lamplitna:20181030122719j:image

コリコリのタコとしらすがたっぷり。ベビーリーフも、いい感じ。

 

4、SUNSHINE +cloud(セレクトショップ)

おなかいっぱい、満足したところで、サンシャインプラスクラウドへ。

 

ハイセンスな空間には、オシャレでカラフルな、お洋服や雑貨が。

『ALOHA』と書かれたTシャツや、旅行用の軽くて大きめのカバンなど、大切な人にプレゼントしたくなるような、ハイセンスなものたちがならびます。

 わたしはこちらで、友人の子どものお誕生日に、子ども用のTシャツを購入しました!

 

ちなみに、こちらのお店とコラボした売り場が、大丸東京にも。(Lib Tokyo:リブトーキョー)

熱狂的なSUNSHINE +cloudのファンや、『YAECA』『KAMILAVKA』などのブランドを愛するお客さんが、足繁く通う売り場。

衣類だけでなく、オシャレな植物から、すべて読みたいくらい厳選された本まで。大丸のリブトーキョーも、見ているだけで楽しめるお店です。

 

5、The Canvas Hayama Park Villa

今回の旅のメインイベント!!canvasのヴィラ。

f:id:Lamplitna:20181029223522j:image


f:id:Lamplitna:20181029223509j:image

 

それぞれコンセプトが異なる、3つのヴィラ。

①Akatsuki 暁(ワンちゃん同伴可)

②Unkai 雲海

③Minamo 水面

迷いに迷って、イチバン『非日常』を感じられそうな、③Minamo(みなも)をセレクト。

 

ヴィラに到着した17時ころには、おとなりのヴィラでは、海外の方々が、明るい時間からパーティーのような盛り上がりをみせていました。

 

わたしたちもドキドキしながら『Minamo』のトビラをあけてみると・・

イキナリ、海!!わおーーーっ

一気に心をつかまれます。


f:id:Lamplitna:20181029223502j:image

 

1階にあるベッドルームは、クイーンサイズのベットが2台。

窓も大きく広々で、質の良い睡眠が取れそうな空間。

f:id:Lamplitna:20181029223540j:image

 

シャワールーム。バスタブもあります。


f:id:Lamplitna:20181029223557j:image

 

そして、らせんの階段をのぼって2階へ・・

f:id:Lamplitna:20181029223544j:image

 

広々とあかるい、リビングダイニングキッチン。
f:id:Lamplitna:20181029223547j:image

キッチンには、冷蔵庫やオーブンレンジ、調理器具や食器が一式そろっています。

電気ポットもあるので、コーヒーやインスタントスープが、手軽に飲めます。


f:id:Lamplitna:20181029223532j:image

なんと、部屋の中で、クライミングができます!

(でも、30代半ばのカラダには、なかなかしんどく、すぐに降りて。。)

f:id:Lamplitna:20181029223506j:image

 

↓ こうなる。笑

f:id:Lamplitna:20181031143203p:image

 

そして逆に、2階から1階におりていくと、 海の中にもぐっていくような感覚を、あじわうことが。

家の中に海!これぞ、非日常!!


f:id:Lamplitna:20181029223515j:image

 

6、葉山公園からの夕日

f:id:Lamplitna:20181030124142j:image

ヴィラに荷物をおいて、ちかくの『葉山公園』へ。ヴィラから歩いて5分くらいです。

こちらは夕日が美しいとのことで、日没の時間の少し前にお散歩へ。


f:id:Lamplitna:20181030124130j:image

富士山のシルエットの中に、一日の終わりをつげる夕日が、ゆったりとしずんでいきます。

小学校からの、おさななじみのわたしたち3人。なんだかなつかしい気持ちになり、思い出話にも花が咲いて、ほのぼのとした時間を過ごしました。

 

7、ディナー(piscaria:ピスカリア)

f:id:Lamplitna:20181030124717j:image
f:id:Lamplitna:20181030124329j:image

ディナーのお店は、葉山堀内町にあるシチリア料理のお店、ピスカリアに。事前に予約をして行きました。

こちらのお店をセレクトした理由は3点。

①葉山近郊でとれた、新鮮な魚や野菜が楽しめること

②新婚旅行でシチリアに行き、シチリア料理にハマったこと

③駐車場があること


f:id:Lamplitna:20181030124713j:image

とれたて新鮮な魚から、好きなものをセレクトして調理してもらうこともできます。(大きさや種類によって価格がことなります。)

 

前菜6種

f:id:Lamplitna:20181030124709j:image

f:id:Lamplitna:20181030124325j:image

一皿一皿盛られた前菜を、なんと6種類楽しめます。いろいろ食べたい方に、おすすめ。この日は、マグロのカルパッチョやカポナータ、ヤリイカなど。

 

茄子とトマトソースのスパゲティ

f:id:Lamplitna:20181030124317j:image

トマトとオリーブオイルの、シンプルな味付け。トマトの味が濃い!!

 

白身魚のラグーのペンネ

f:id:Lamplitna:20181030124333j:image

パスタやペンネは、1人分ずつ、とりわけしてくれます。おしゃべりが止まらない女子会に、ありがたい心づかい。

 

アックア ディ マーレ

f:id:Lamplitna:20181030124321j:image

セレクトしたお魚をまるごと、アサリ、オリーブ、プチトマトとともに煮込んだ、アクアパッツァです。

 

どのお皿も、本場のシチリア料理のように、素材の味を引き立てた、シンプルなお料理。まさに、神奈川県のシチリア!ピスカリア!

 

ディナー後は、ヴィラに戻ってリゾートタイム。日付が変わるころまで、音楽をかけながらゆったり女子トーク。サプライズで友人の誕生日祝いもして、とっても充実した、ヴィラ時間をすごしました。

8、葉山マリーナ

f:id:Lamplitna:20181101082531j:image

翌朝、とってもお天気が良かったので、10:00ころHAYAMA MARINAへ。

セレブな方々のヨットが、たーくさん並んでるーーー!すごいなぁ。


f:id:Lamplitna:20181101082543j:image

葉山マリーナの建物の中には、マリン系のショップやレストランも入っていますが、なによりぜいたくなのは、この、キラキラした海と、青い空と、気持ちいい海風。

 

優雅に海の上に浮かぶヨットをながめながら、桟橋のベンチでのんびり『無』の時間。

f:id:Lamplitna:20181101082537j:image

おだやかな1日に感謝。

 

とびきりゆったりのぜいたく時間を過ごしたあと、逗子駅に向かい、レンタカー返却。

24時間、お世話になりました。

 

お土産に、葉山名物マーロウのプリンも。(逗子駅前店が、超駅近で便利!)

忘れずにゲットして、帰路につきました。

f:id:Lamplitna:20181101121332j:image

 

9、まとめ

『日本の神奈川県にいる』ということを、すーっぽり忘れさせてくれる葉山。

リゾート感を存分にあじわうなら、1日3組限定ヴィラと、シチリア料理ピスカリアはマストです。

 

東京駅から約1時間のリゾート、『The Canvas Hayama Park』で、非日常な週末時間を過ごしてみては、いかがですか。