🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

クレジットカードが更新できない!CIC新宿と信用情報開示の見方。結婚後の苗字変更に注意!

クレジットカード

●カード利用料金の滞納なし

●携帯電話料金の滞納なし

まったく身に覚えがないのに、ある日突然、クレジットカードの更新ができなくなった!

そんな方は、1日でも早く(←これ重要!)CICで自分の信用調査情報を調べてみることを、オススメします。

 

 

突然のカード更新拒否

社会人になって、10年以上使い続けてきた、ビューカード。

仕事で電車に乗ることが多いわたしは、たまったポイントを、駅で手軽にSuicaのチャージに還元できるビューカードは、とても重宝していました。

 

そんなある日、ビューカードから突然のお手紙。なんだか、とっても薄っぺらいなーと思いながら開けてみると、【今回は、カードの更新は見送らせていただきます】という旨の紙ペラ1枚!

 

『えっ?なんで?』

『なにかの間違い??』

 

更新を止められる理由に、まったく覚えがないわたし。支払いの延滞は一度もしていないし、一応、きちんと仕事もしています。

『もしかして、最近、会社辞めたいって思ってるのが、バレたのかな?』とか、アホな妄想をしながら、かる〜い気持ちで、ビューカードへ確認の電話。

 

が、しかしっ!

『こちらでは、審査の内容については、一切お答えできません。』の一点張り!!

 

えっ??なになに、この無機質な感じ。

『わたし、この世から、存在消された?』とか、またまた、ドラマの見すぎ的な妄想。

 

いや、でも、待って。

ビューカード使えないとか、マジで困るっ!と思い、20分くらい電話でネバる。

その結果、なんとか聞き出せた情報は、2つ。

①いままで1度も、ビューカードの料金滞納がないことは、カード会社も認識している。

②あなたには支払い能力がないと判断した。

 

とりあえず、お金はちゃんと払ってるし、この世から存在も消されてなかった。良かった。

 

いやいやでも、①と②って、どー考えてもつながらないでしょーーー!!

ビューカードの担当者は、②の支払い能力の内容について聞いても、最初はまったく理由を教えてくれず。

 

でも、あまりに『意味がわからない』とつっかかるわたしに、ようやく【信用調査】というヒントをくれました。

なんだかよくわからないけど、とりあえず、信用調査について、調べるしかない。そしてたどり着いたのが、『CIC』という信用調査開示機関でした。

 

CIC(シー・アイ・シー)について

CICとは、『クレジットインフォメーションセンター』のことで、個人のクレジット会社との契約内容や、支払い状況等の情報を開示している機関です。また、この信用情報は、クレジット会社が、顧客の信用を判断するためにも利用されます。

 

CICの窓口は、全国7カ所(北海道、東北、関東、中部、近畿、中四国、九州)。クレジット会社だけでなく、個人が、自分の信用情報について調べることができます。

(窓口受付時間)月曜日から金曜日。10:00〜12:00/13:00〜16:00

関東エリア窓口:東京都新宿区西新宿1−23−7 新宿ファーストウエスト15階

 

(1)電話での情報開示(情報料:1,000円)

このCICの信用情報、電話でも開示請求ができるとのことでしたが...

カード会社に登録した電話番号から、電話をかけなくてはなりません。

わたしは過去に何度か携帯番号が変わっており、どの番号でどのカードを契約したかわからなかったため、この方法は断念。

こちらの開示方法は、何年間も1つの携帯番号を使用してきた人でないと、使用できません。

 

(2)インターネットでの情報開示(情報料:1,000円)

パソコンや携帯から、インターネットでも開示情報がダウンロードできます。わたしはまず、こちらの方法で開示請求をしました。必要情報を入力し、まだ使用できている他社のクレジットカードで、情報料もお支払い。

 

が、しかし、いっこうにダウンロードができない。なぜ?なぜ?と思いながらも、結局ダウンロードできず。

PDFがうまく起動しなかったのか、1,000円を支払ったにも関わらず、断念。

 

でも、結論からいうと、もし仮にダウンロードできたとしても、開示データを自分1人で読み解くことは、なかなか難しかったと思われます。なので、特に初心者の方は、直接窓口に行って、疑問点をその場で質問してしまったほうが、結果的に、安くて早くて安心感があると思います。

 

(3)CIC窓口での情報開示(情報量:500円)

こうなったらもう、CIC窓口に行くしかない。平日に半休を取り、都営地下鉄大江戸線の『都庁前駅』へ。(月〜金の昼間しか開いていない、もどかしさ。ちなみに、JRの新宿駅や、都営新宿線の新宿駅からも、徒歩圏内です。)

 

しかしまた、わたしのあせる気持ちに追い打ちをかけるように、CICの場所が、わかりづらいことなんの!

 

CICの場所がわかりづらいポイント①

まず第一の難関は、都営大江戸線の都庁前駅のホーム。

CICのホームページには、【都庁前駅 B1出口から徒歩5分】と書かれているものの、ホームの黄色い案内板に、B1出口がないっ!

ホームの端から端までさがしてみても、どこにも見当たらない。どこへ向かえばいいのーっ!っと思っていたら。。

都庁前駅のB1出口案内板
あった!

文字小さっ!笑。“かくれミッキー”並のレベルで見つけにくい。これならA1出口と記載していただいたほうが。。

ということでみなさま、A1出口を目指しましょう!改札口を出て、A1に向かって3分くらい歩くと。。B1とB2の分かれ道。

都庁前駅のB1とB2出口の案内板

ここで、右側のB1出口に向かえば、OKです。

 

CICの場所がわかりづらいポイント②

西新宿や都庁前周辺は、道路が二階建てのようになっていて、上下で交差している道路が、多々あり。つまり、平面の地図だけではたどりつけないことが多い、難解エリアなのです!

 

イヤな予感はしていたものの、今回も、雨の中、かなり迷ってしまいました。。

 

正解の道順としては、

①B1出口から地上に出たら、右後方を向く。

②京王プラザホテルの階段があるので、その階段を上がり、東通りに出る。

京王プラザホテルの外階段

東通りへの案内板

 

③階段を登って大きな通りに出たら、目の前の信号を渡り、右側に進む。

階段をのぼった後の景色

 

④工学院大学のとなりのビルの15階が、CICです。

新宿ファーストウエストビル

CICフロア案内

CIC案内板

 

窓口情報開示に必要なもの(本人が申請する場合)

  • 本人確認書類(免許証、マイナンバーカード、パスポートなどのうち1点)
  • カード会社に提出している電話番号
  • 手数料500円/1通

※旧姓の情報開示には、旧姓を証明できる公的書類も必要。ホームページには戸籍謄本等が必要と書かれていましたが、免許証の更新前であれば、オモテ面の旧姓と、ウラ面の新姓で、両方の情報開示が可能です。

 

情報開示の手順(電話番号が最重要!)

まずは、タッチパネル式の機械で、氏名や生年月日や郵便番号、電話番号など、個人情報を入力します。

この時、カード会社に登録した電話番号を入力しないと、データが取れません。電話番号は複数入力できるので、可能性のありそうな過去の電話番号は、すべて確認してから向かいましょう!

入力後、番号を書いた紙が出てくるので、番号が呼ばれるのを待ちます。

待っている人数は、10〜15人くらいと、そこまで混雑はしていませんでした。まぁ、平日の昼間ですもん、、なかなかみんな、来られないですよね。

 

名前を呼ばれたら、最初は本人確認のみ。確認OKとなったら、券売機で500円のチケットを購入し、再度待ちます。

 

2回目に番号を呼ばれた際、500円のチケットを渡し、もう1度本人確認を受けた後、『信用情報開示報告書』を受け取ることができます。

 

開示情報からわかったこと

信用情報開示報告書の見方

結婚して1年くらい経っていたわたしは、なんの迷いもなく、新姓で申請。(ギャグじゃないですよ!)

しかし、開示された報告書の中身をみても、イマイチわからず。そこで、その場で担当者に質問したところ、書類上はとくに問題がなさそうとのことでした。

支払い状況に問題のない信用情報開示報告書
カード等の支払いに問題がない場合、赤枠の部分に、💲ドルマークが並びます。

 

『でも、クレジットカードが突然更新できなくなったんです!』と担当の方に伝えると、『旧姓のデータも確認してみては』とのこと。

え?新姓も旧姓も、両方ともわたしなのに、データ別々なの?結婚したらひもづかなくなるなんて、なんとも不便なしくみなんだ。。

そう思いながら、また、タッチパネルからやり直し。また500円もお支払い。チャリーン

 

で、またまた読み解けないので、担当者に質問。(丸投げ!笑)

そしたらそしたら、でました!怪しげなモノが。。

入金状況に問題のある信用調査報告書

さっきドルマークが並んでいたところに、平成28年6月から『A』マークが並んでいます。この『A』は、カード会社から請求があったけど、支払いがなかったことを表します。

入金状況の見方

パッと見、Aって評価が良さそうな感じがしてしまうのですが、むしろ、最も書かれていてはいけない文字でした!

 

クレジットカード年会費未払い 

上記の情報が記載されていたクレジットカードは、いつ作ったのか、記憶も定かではないようなカード。

そんなカードに未納があり、しかもその金額なんと、、2000円。ほへ?

なにそれー!2,000円が支払いできなかったってこと?全然意味がわからない!!

 

ってことで、さっそく、該当のカード会社に電話。すると、カードの年会費が何年間も未払いとのこと。。

おそらく、ポイントがつくと言われてつくって、放置しちゃった系のカード。。

しかも、どうせ使わないからと、支払いの銀行口座も指定せず、コンビニ払いとかにしていたと思われる。たぶん初年度は無料だった年会費が、2年目とかかからは、かかっていたんでしょうね。。

 

で、ここからが悲劇!

コンビニ払いだとしても、家に請求が届くはずですよね?

でもわたし、結婚して引っ越ししていて。時期から考えて、ちょうど転送期間も過ぎていて、転送されず。

そして、携帯番号も変わっていたので、カード会社側が、登録している電話番号にかけても、不通。

最終的に、会社の電話番号にも電話してきていたらしいのですが、苗字が変わっていた私は、社内で認識されず。カード会社いわく、『そういったものは社内にはおりません』という返答だったとのこと。

結局、名前も住所も携帯番号も変わっていたわたしに、カード会社は連絡が取れず、いわゆるブラック扱いと記録されてしまったのです。。がびーん

 

5年間のブラックリスト入り

うそでしょ・・ズボラのツケがこんなところに。。

まあでも、とりあえず払えばいいんでしょ、と、ソッコー2,000円の支払いを済ませたものの。

なんとこの記録・・5年間残っちゃうのです!!ひーーーっ

 

支払い終了後に、再度CICを訪問し、信用情報を確認しに行ったわたし。

そして、たしかに支払いされていることを、確認。

支払い終了後の信用調査報告書

26、返済状況

→ここに『異動』という文字があったら、長期の未払金があるということ。まさにブラックリスト入りのサイン!

わたしの場合、平成28年5月からめでたくブラックリスト入り。そこから1年以上、気付かずに放置していました。

 

28、補足内容

→『解消』と書かれていれば、無事に支払いが終わったということ。平成29年の9月に支払いを終えています。

 

そして、下の画像の、報告書の右上部分に記載される、『保有期限』。

調査報告書『保有期限』の記載

支払いを終えた平成29年9月から起算して、5年後の平成34年まで、記録が残り続けます。。(=信用調査に問題アリと判断される可能性が高い。)

でも、平成34年って存在しないですよね。元号とともに、記録もリセットされればいいのに・・

 

ほんとにクレジットカードが作れない!

ビューカードが使えないのは、すごく困る。けどまぁ、とりあえず他社のカードでもいいかーと、3社に申し込んでみましたが、マ・ジ・で・全て、審査に通らない!

比較的審査がゆるそうなイメージの、ルミネカードや楽天カードすら、断られる。

だんなさんの家族カードも申請してみたけど、断られる。

 

ほんとに5年間、カードつくれない、ローンも組めないという、まさにブラックリスト入りを果たしてしまったのでした。。たったの2,000円で。。。ほんとにツライ。泣

 

まとめ

ある日突然、クレジットカードの更新ができなくなったら。申し込んだカードの審査が通らなかったら。

まずは信用情報に問題がないか、窓口に行って調べてみることをおすすめします。わたしのように、知らないところでブラックリストにのっているという可能性もあります。

 

そしてその時には、過去使用していた携帯電話や固定電話、できるかぎりすべての電話番号を確認していくことを、お忘れなく!これがないと、データすら取れません!

早めに原因がわかれば、その分早くリセットできるので、できるかぎり早く確認しましょう。(まぁ、そんなことになる前に、氏名や住所の変更を、きちんとカード会社に連絡すればいいのですが。。)

 

わたしのようにズボラで後回しタイプの方。結婚後は、名前や住所の変更に抜け漏れがないか、しっかり確認してください。免許やパスポートや銀行は、すぐに変更する方が多いと思いますが、クレジットカードの変更って、意外と忘れがち。

くれぐれも、ご注意ください!