🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

千葉駅のお祝い事は【蟹遊亭】半個室でディナー&ランチおすすめレストラン

 

蟹遊亭(千葉店)について

記念すべき『父の定年退職祝い』。

そのお祝いにえらんだお店は、千葉駅近くの【蟹遊亭(かいゆうてい)】です。

 

こちらは鉄板焼きのお店なのですが、その名の通り、『かに専門店』。

絶品ズワイかにのお刺身から、本タラバかにのステーキ。そしてもちろん、A5ランクの飛騨牛や、新鮮な活アワビまで!

カウンターや半個室のテーブルの目の前で、シェフが『絶妙な焼き加減』と『美しい手さばき』で料理を提供してくれる、お祝い事にぴったりの、ぜいたくなお店です。

 

さらに、コスパも最高!

お料理のおいしさはもちろん、千葉ならではの価格帯に感動します。都内で食べたら1.5倍はしそうなコースの内容。

全体的に重すぎないコース構成になっているので、女性や高齢の方にも楽しんでいただけるお店です。

今回は、父・母・旦那とわたしの3名で訪問。60を越える両親の生活時間に合わせ、オープンと同時の17:00に訪問。たっぷり3時間半の滞在を楽しんできました。

 

お店の場所

JR千葉駅から徒歩10分、京成千葉中央駅から徒歩5分、千葉都市モノレール葭川公園(よしかわこうえん)駅から徒歩1分の、旧パルコビルの裏側。とーーってもわかりにくい場所に、ひっそりとあるお店。穴場的な香りが、プンプンします!

 

さらにわかりにくいのが、お店の看板が、おもてにないこと。『つれづれ』という系列の和食店の入口から入り、そのお店の中から、エレベーターで地下に降りるというしくみ。

 

つれづれに着いたら、まず店員さんに声をかけ、中に案内していただきます。

水槽を抜けたお店の奥に畳があるので、そこで靴を脱ぎます。

蟹遊亭の入り口の畳
 

 

その畳のさらに奥に、地下へ向かうエレベーターが。なんと、エレベーターの中も畳!!

エレベーターの中の畳

 

店内の半個室とカウンター

地下に降りてのれんをくぐると、一気に世界が変わります。鉄板焼きの世界へようこそ〜!

カウンター席と鉄板

 

ここのお店の良いところは、のれんで仕切られた半個室のテーブル席でも、目の前で焼いてくれるところ。

(カウンター8席、テーブル席16席)

半個室の4名テーブル

 

今回はディナータイムに、わたしの両親と旦那さんの4人で訪問。こちらのテーブル席で、プライベートな時間を楽しみました。

 

ランチコースの種類

今回は夜の訪問でしたが、蟹遊亭にはお得なランチメニューもあります。

蟹遊亭ランチコースのメニュー


ランチはヒレステーキ膳が1,500円。

その他のランチコースは、2,800円、4,800円、6、000円となります。

また、ランチのオーダーストップは14:30になります。

 

ディナーコースの種類

コースのメニューが、当日その場でセレクトできるという、なんという自由度!コースで足りなければ、アラカルト(1品づつ注文できる料理)も追加できます。

蟹遊亭ディナーコースのメニュー

今回は、母とわたしが【海幸コース】、父と旦那さんが【蟹遊亭コース】で、少しずつシェアしようということに。

どちらも11,000円/人のコースです。

その他、9,000円、14,000円、16,000円と、ディナーは全部で5種類のコースがあります。

 

蟹遊亭コース、海幸コース(それぞれ、11,000円/人)

お祝いなので、まずはスパークリングワインで乾杯!かに料理にぴったりの、キリッとしたシャルドネのスパークリング。(ドリンクは別料金)

シャルドネスパークリング


 

◆お通し

ズワイかにと野菜の土佐酢ジュレ

ズワイかにと野菜の土佐酢ジュレ。土佐酢ジュレの酸味が、食欲をさらに増進させます。

 

◆ズワイかにお造り

ずわいかにお造り

これが、本当に最高!!想像以上に、とろりとした食感と、カニでは体験したことがないくらいの、濃厚な甘み。

鉄板焼き屋さんですが、これだけを目当てに食べに来たいくらい、本日一番の感動でした!

 

◆本日のスープ

かぼちゃのポタージュ

お刺身からの、カボチャのポタージュ。意表をつかれましたが、カボチャの質感が残る、濃厚なスープに満足!ペロリといただけます。

 

◆ズワイかにステーキ (海幸コースのみ)

ズワイかにステーキ

さぁさぁ、ここからが、鉄板焼きショーのはじまりです!

 

まずは、海幸コースの『ズワイかにステーキ』。生のズワイかにの足を、かる〜く焼きます。

焼く前のズワイかにとタラバかに

左側がズワイ、右側が本タラバ。

こちらを、シェフが、とても美しい所作で、目の前でグリルしてくれます。なんとゆーぜいたく!

甘さ広がる、美味しいズワイかにの身を、ぜいたくにほおばる!

 

◆ズワイかにホイル焼き(蟹遊亭コースのみ)

ズワイかにホイル焼き

蟹遊亭コースは、『ズワイかにのホイル焼き』です。

こちらも、カニの旨味が広がるダシで、野菜やワカメが美味しく蒸されていて、ほっとする一品です。

 

◆本タラバかにステーキ

本タラバかにステーキ

ものすごい太さのタラバ蟹のステーキ。

 

超立派な本ズワイかにの足を、丁寧に焼いてくれます。かるく塩胡椒されており、身がプリプリで、食べごたえがすごいっ!

ちなみに個人的には、先に出てきた“ズワイかにステーキ”の方が、好みでした。『タラバがカニの王様』かと思ってたけど、ズワイの甘さもあなどれないっ!

こんな風に食べくらべできるのも、このお店ならではの楽しさです。

 

◆季節の温野菜

にんじん、栗、青菜の蒸し物

ここですこし、箸休め。あまーく蒸された温野菜を、からしマヨネーズでいただきます。くりの甘さと、からしマヨネーズが絶妙!

 

◆活あわび鉄板焼き(海幸コースのみ)

活あわび鉄板焼き

新鮮な活あわびを、バターしょうゆで焼きます。焦がしバターの香りが良すぎて、反則!笑

想像していたより、かなりやわらかくて美味しいです。

 

◆特選飛騨牛ロース薄焼き(蟹遊亭コースのみ)

食パンの上にのった飛騨牛の薄焼き

見た目がちょっと面白いこちらは、焼いた食パンの上にお肉をのせることで、余計な脂をパンが吸ってくれるという設計。

たっぷり霜降りな、A5ランクの特選飛騨牛ロースを焼いて、揚げニンニクとネギを巻きます。

 

だんだんおなかもふくれてくるころなので、パンとネギのおかげで、油っぽスギないのもGOOD!

 

ちなみに下の食パンは、あとでガーリックトーストにしてくれるという楽しさ。

 

ガーリックトーストが終わると、〆には『かにご飯、赤だし、お漬物』。

そして最後に、アイスクリームとコーヒーまで出てて、コース終了。

 

『おなかいっぱいカニいっぱい』の、幸せな時間を満喫させていただきました!

 

まとめ

千葉駅の、隠れた?名店『蟹遊亭』。

お祝いや記念日に、とってもオススメです!ディナーだけでなく、ランチコースもあり。ランチコースは1,500円〜6,000円と、さらにお得。

 

店舗は、千葉以外に、札幌、名古屋、京都にも、1店舗ずつお店があります。

これからさらに、蟹の美味しい季節。

お祝いや記念日にとってもおススメの蟹遊亭で、ちょっぴりぜいたくなランチやディナーは、いかがですか。

 

◆蟹遊亭(かいゆうてい)千葉店◆

住所  :千葉県千葉市中央区3−2−5 つれづれビル 地の階

アクセス:京成線千葉中央駅 徒歩5分

     JR千葉駅 徒歩10分

    千葉都市モノレール葭川公園駅 徒歩1分

電話  :043−227−2888

    ※今回は、電話で予約をしました

営業時間:<ランチ>11:30〜15:00

    <ディナー>17:00〜22:00

     ※17:00以降は、別途奉仕料(10%)がかかります。

休業日 :年中無休(大晦日・元旦も営業!)