🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

何気に重要!結婚相手の兄弟構成。『3人兄弟の次男』オススメ理由5つ

婚活アプリでスピード結婚をして、2年半が経ったわたし。

旦那さんは“男3人兄弟の真ん中”なのですが、『3人兄弟の次男って、結婚相手として最高なんじゃない!?』って思うことが、想像以上に多くて。

 

兄弟構成がすべてじゃない。

でもやっぱり、無視もできない兄弟構成。

女性が結婚相手を選ぶとき、『3人兄弟の次男』は超オススメ!とわたしが感じた、5つの理由をご紹介します。

 

  

理由1、めんどくさい姉や妹がいない

厳しい表情の女性

世の中には、いろいろな【姉と弟】や【兄と妹】の関係がありますが、『ブラコン』の女性って意外と多いんですよね。

とくに、モテる男性ほど、姉や妹がブラコンな確率が高いです。

女性にモテる=姉や妹からもモテるという図式です。

 

ちなみにわたしは、過去にお付き合いしてきた男性のほぼ全員が、『姉か妹がいる男性』でした。

女姉妹がいる男性って、『女性の気持ちをよく理解してくれる』ので、付き合いやすいんですよね。

なので、彼氏とてしてはとっても良かったのですが、結婚となると。。ちょっと面倒くさかったかもしれないなと思います。

 

例①ブラコンの姉

わたしの友人に、“弟のことが大好きな姉”をもつ男性と、結婚した女性がいます。そんな彼女の結婚生活に、ことあるごとに登場する『お姉さん』。

夫婦2人でゆっくり話す時間もないくらい、毎日仕事で忙しい彼女の旦那さんなのですが、さらに旦那さんの姉が『すぐに弟を呼び出す』ので、ますます2人の時間が減っているそう。

さらには、お姉さんが足を骨折したとき。別々で暮らしている旦那さんが、なぜかクルマでお姉さんの送り迎えをするという、『えっ?ワザワザ?』と思ってしまうようなことまで。

姉がブラコンの場合、たいてい弟も(程度の大小はありますが)『シスコン』なので、そんな姉弟の関係性が理解できず、モヤモヤしてしまいそうです。

 

例②ブラコンの妹

ちなみにわたしも以前、『彼氏の妹』のブラコンを、目の当たりにしたことがあります。

当時つきあっていた彼にプロポーズされ、実家にご挨拶に行ったときのこと。そのとき、初めて会った彼の妹さんから、『挨拶した瞬間に』結婚を反対されました。

挨拶しただけなのに『なんかイマイチ』という評価をくだされたわたし(笑)。

挨拶のあとも、ずーーーっとその妹が、彼にべったり。昔行った家族旅行の話など、『あえてわたしが入れない話題』をモリモリされて、ぐったりした記憶があります。

もしもその時の彼と結婚してたいら、妹さんからの『圧』に耐えられなかったかもしれません。。

 

男兄弟は超ラクチン

もちろん、旦那さんの姉妹との関係は人それぞれ。良い関係が築けるような、“お姉さん”や“妹さん”もたくさんいると思います。

でも、周囲の夫婦の話を聞いていると、『旦那さんの姉妹』に悩まされている女性は、けっこう多い。(そういえば、うちの母も昔から、父の妹については気に入らないところがあるみたい。。)

やっぱり女同士って、いろいろややこしいっ!

 

その点、男兄弟は超ラクチンです。義兄や義弟には、まーったく気をつかうこともないし、男兄弟ってビックリするぐらいお互い干渉しない!おかげでこちらも、好きなときに、好きなように交流させてもらっています。(笑)

大感謝!

 

理由2、ケンカで先に折れてくれる【次男気質】

仲良しカップルの後ろ姿

生まれたときから、口でもチカラでもかなわない『兄』の存在が、ずっと自分の身近にあった次男。

ケンカをしても、ぜったいに勝てない日々を重ねてきた彼らは、ケンカの『勝ち』にこだわりません。

 

うちの旦那の3兄弟も、長男が最強キング!

そして、小さいころ何度もやりこめられてきた経験から、『兄にはぜったい服従すべき』と学んできたうちの旦那。

どこか達観したようなところがあって、わたしとケンカをしても、ただただ受け入れて、先に折れてくれます。

 

ホルモンバランスによって、どうしても感情に波のある女性(わたしだけ?)にとって、『勝ち負け』にこだわらず、先に折れてくれる【次男気質】の男性は、とってもありがたい存在。

相手が先に折れてくれることで、こちらも素直になって本音を話せるし、なによりケンカが長引かずに快適に暮らしていける。

それにしても、相手が受け入れてくれるだけで、どうしてあんなに素直になれるんですかね。。一瞬で下がる女性の沸点に、自分のことながらいつもビックリ!

 

話はそれましたが、結婚って生活です。日々つづいていく生活の中で、女性の感情の振れ幅と勝負せず、うまく受け止めてくれる次男気質は、とても重要なのです。

 

理由3、甘えさせてくれる【兄的要素】

彼女をおんぶする男性

次男だけど、末っ子ではないのが、『3人兄弟・真ん中男子』のさらなる特徴。

うちの旦那さんの弟(三男)は、末っ子らしい、甘えん坊のマイペースタイプ。おだやかで、とっても優しい弟なのですが、弟の奥さん(義妹)的には、もっとリードしてほしいようです。いつも、『しっかりしてよ!』と彼の母のように、彼を引っ張っています。笑

 

そんな弟を持つうちの旦那さん。本当にしっかりしています。

結婚式や引っ越しなど、人生で大切なことはしっかりリードしてくれるし、わたしより年下なのに、わたしの兄のような存在。

結婚式の準備では、わたしが得意な分野はわたしに任せてくれる。そして、招待状など、わたしが苦手なコツコツ作業は、知らぬ間にすべて終わっているという手際の良さ。

また、引っ越しを決めたときには、その翌日には、なんと引っ越し業者5社を、見積りのために家に呼んでいました。仕事早すぎっ!

 

次男でありながら兄的要素も持っている、3兄弟次男の旦那さん。『人になにかをしてあげる。』ことが好きだそうで。

たよりになるし、ワガママも受け入れてくれるので、たっぷり甘えることができます。ありがたや〜!

彼のこんなにしっかりした性格は、次男だけど、さらに下に弟がいるからなのかなーと感じています。

 

ただ、3兄弟の次男って、2人兄弟の次男よりも、絶対的に母親に甘えられる時間が少なかったはずですよね。それが原因なのかはわかりませんが、うちの旦那さんは、自分の意見を飲み込んでしまうタイプ。

なので、できるかぎりこちらから、彼の考えていることを引き出すようにして、確認しています。そしてたまには、彼がわたしに甘えられるような環境を、あえてつくるようにしています。(わたしに余裕があるとき限定!)

そうすることによって、彼が満たされ、さらにわたしにやさしくしてくれるという好循環!(←計算高い女)ふふふ

 

理由4、相手の両親と良い距離が保てる

息子が3人もいると、いい意味で、相手の両親の関心が分散されます。笑

兄夫婦や弟夫婦とも、メールをしたり、遊びに行ったり、ごはんに行ったり…と、いそがしいですからね。

さらに、兄夫婦には子どもがいるので、孫が可愛くて仕方ない模様。わたしたち夫婦にはまだ子どもはいませんが、子供の有無について、なにか言われたことは一度もありません。

 

また、うちの旦那さんの場合は、兄夫婦と弟夫婦は両親の近くに住んでいて、わたしたち夫婦だけが、離れています。

帰省するのは大変ですし、頻繁に会えないのは寂しいですが、近すぎてストレスを感じるよりは、よっぽどマシだと感じています。

 

というのも、わたしの父は長男で、父の両親にとっては唯一の息子(あとは娘が2人)。

父母の時代では当然のごとく、我が家は父の両親と同居をしていたのですが、『父の両親』と『母』の仲が悪すぎて、ほんとうに最悪でした。

祖父母にとっては、“たった1人の息子”である、わたしの父。そして、そんな大事な息子の嫁(=わたしの母)のことが、なにからなにまで気になるようで。

子供のころから、『見たくない』『聞きたくない』ような、嫁姑の惨劇をたくさん見てきたわたしは、【絶対に結婚しない、万が一結婚しても、同居だけは絶対しない!】と心に決めていました。

 

今は時代も変わり、嫁姑関係も、昔よりおだやかになっていると思います。

でも、そんな幼少期のトラウマがあったわたしは、現在の義両親との関係性に、とても安堵しています。そして、この距離感は、『3人息子の次男の嫁』ということが、多少なりとも影響していると感じています。

 

理由5、兄姉弟妹が増える可能性がある

“長女あるある”ですが、女姉妹の長女だったわたしは、『お兄さん』や『お姉さん』にあこがれがありました。

ないものねだりですが、小さいころは、『やさしくてかっこいお兄ちゃんが欲しい、それがムリなら、洋服とかを貸してくれるお姉ちゃんがほしい。』と、神様にお願いしていました。

すこし成長してからは、『お姉ちゃんを大切にしてくれる弟もいいかも』なんて、想像したりしていました。

 

そして今、3兄弟の次男と結婚したことで、そんな子供のころからの願いがかない、兄姉弟妹が一気にできましたー!わーい!!

物理的な距離がはなれているので、まだまだ兄弟らしいことはあまりできていませんが、今年の夏に、兄家族&弟夫婦とやったバーベキューは、とってもたのしかったです。

  • 義兄→食べたいお肉は自分が選ぶけど、あとはお任せ
  • 義弟→のんびり犬と遊んでいる
  • 旦那→文句も言わず、ずっと焼いている!!笑

という『3兄弟の図』をおもしろおかしくながめなつつも、『やっぱり3人兄弟真ん中の彼で良かった』と、改めて感じた今年の夏。

そして、こんな風にこれからもすこしづつ、『兄・姉・弟・妹』がいてくれるという人生を、たのしんでいきたいと思っています。

 

まとめ

結婚した男女の手

婚活中は、自分がどんな相手と結婚したいのか、ワケがわからなくなるときもあると思います。そんなときには、ちょっと視点を変えて、兄弟構成から相手を見てみるのもオススメ。

 

男兄弟しかいない男性は、小姑的なしがらみがないし、本当にラクチンです。

多少、『女心に不器用』な部分もあるかもしれませんが、そこはこちらが、手取り足取り教えていけばいいんです。小姑に悩まされることに比べたら、たいしたことではありません。

そして、『勝ちにこだわらない次男気質』と『たよりになるお兄さん的要素』を併せ持っている『3人兄弟の次男』は、結婚相手として超オススメです。

特に、『ケンカで自分からあやまれない女性』や『めんどくさがりで甘えん坊』の女性(=わたし?)には、とっても相性が良い相手だと思います。

 

兄弟構成による性格は、あくまで傾向にすぎません。でも、婚活でいろいろ考えすぎて、行き詰まってしまったら。

『3人兄弟の次男』を、ちょっと意識してみるのもオススメですよ。