🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

『気にしやすい性格』と上手に付き合う方法。自分の居場所を増やそう!

“気にしやすい性格”の人ほど、増やしてほしいものがあります。

それはズバリ!『居場所』です。

 

1、わたしの経験

f:id:Lamplitna:20181024182336j:plain

わたしはもともと、すごく周囲を気にしやすい性格でした。

周りの空気や、相手の機嫌を、とっても敏感に感じとってしまうタイプ。

 

強い口調でなにかを言われただけで、ズキっとショックを受けてしまう、繊細なハートの持ち主でした。(←自分で言っちゃう)笑

 

こんな風に気にしすぎてしまう性格を変えて、『もっとチカラを抜いた日々を送りたい!』と、いろいろな自己啓発本を読みました。

 読むことで、『こんな考え方もあるのか!』と視野が広がり、救われたことも何度もあります。

 

たとえば、長沼睦雄さんの『敏感すぎる自分を好きになれる本』。

こちらの本で、うまれつき5人に1人は『HSP(Highly Sensitive Person)』性質だということを知り、勇気をもらいました。
 

f:id:Lamplitna:20181024182706j:plain

けど、人の本質って、なかなか変えられないんですよね。

 

だったら、無理に変えるのではなく、そんな自分とうまく付き合っていこう!

そのためにはどうすればいいのか。

 

そんなことを考えつづけた結果、『いくつも居場所を持つ』ことで、自分の感情を、うまくコントロールできることに気づいちゃいました。やったー!

 

2、ひとつの居場所に固執しない

①副業(複業)編

f:id:Lamplitna:20181024182505j:plain

周囲の反応を気にしやすい場所ナンバーワンといえば会社。

上司や同僚に言われた小さなことで、とっても傷ついてしまったり。

自分が周りからどう見られているのか、勝手に想像して、凹んだり。

 

入社から14年間、1つの会社に全力を注いできたわたしは、そこが居場所のすべてでした。

そうなるともう、そこでの出来事が人生のすべて(のような錯覚に陥る)!

豆ツブみたいに小さなことで、この世の終わりのように落ち込んでいました。苦笑

 

そんな日々に心は疲れ、実際にカラダも壊したわたしは、『そうだ!会社を辞めて、アクセサリー作りを仕事にしよう!』と、急に思い立ちました。(当時の仕事はスイーツの商品開発。まったくハタケ違いのお仕事)

f:id:Lamplitna:20181027001612j:image

f:id:Lamplitna:20181027001616j:image

(こちらの作品は、minnneで、【ラプリナ】と検索いただくと、ご覧いただけます。)

 

もともと手先は器用で、モノをつくることが好きだったわたし。1分でも早く会社での仕事を終え、家でコツコツ、アクセサリーのデザイン・製作・販売をスタート。

作っている時間はとてもワクワクし、また、そのアクセサリーを購入してくださるお客さまとの、1対1のやりとりの中で、すごく大きなやりがいを感じることができました。

 

そして、それと同時に、会社での一喜一憂の振れ幅が、小さくなっていることに気づきました。

『会社以外に、やりがいを持てる場所を見つけたこと。』

この自信が、わたしの心を強くしてくれたようです。

 

もちろんアクセサリー製作が、なかなかうまくいかないこともあります。でも、そんな時は意外と会社でポジティブなことが起こったりして。

 

そんなふうに、仕事を掛け持つ(複業)ことで、ネガティブなコトに心がとらわれ続けることがなくなり、気持ちのバランスが取れるようになってきました。

 

②結婚編

f:id:Lamplitna:20181024182547j:plain

社会人になってからずっと、会社での時間が、人生の大部分を占めていたわたし。

そんなわたしにとって、約2年半前の『結婚』は、とても大きな変化でした。

 

 

職場以外にも、結婚生活という居場所ができたわたしは、また一歩、ダメージに強くなりました。 

仕事でイヤなことがあっても、帰って旦那さんと過ごすことで、スイッチを切り替えることができる。

 

また、結婚生活は、思っていた以上に考えなければならないことが多いです。

『いつ2人の休みを合わせて旅行に行くか』ということから、『今日の夕飯をどうするか』ということまで。

そして自分たちのこと以外にも、『相手の家族のお祝いごとをどうするか』などにも気をつかいます。

日々の小さいことも含めると、いくらでも考えることが出てきます。子どもがいたら、さらに考えることは無限大∞ですよね。

 

そんな結婚生活にまつわる考えごとのおかげで、余計なことを考える時間が格段に減りました。

気にしてしまうような出来事があっても、気にするヒマがない状況を作ることで、無駄にウジウジ悩む時間が必然的に減ったのです。

 

結婚生活でなくても、『没頭できる趣味』や『ペット』にも、同じような効果があると思います。

 

3、まとめ

f:id:Lamplitna:20181024182637j:plain

わたしたちは小さいころから、『1つのことを、一生懸命やるのが正しいこと。』そんな風に教えられてきました。

 

でも、時には“わき目”をたくさんふって、自分の大切な居場所をいくつも用意してあげることで、自分の心を守ることができます。

 

わたしと同じように、気にしやすくて繊細な(←しつこい)性格の方。

まずは、居場所を増やすことから始めてみませんか。

わたしもこれからまた、新たな居場所を増殖させていく予定です!

ワクワクー♪