🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

『アミスフィールドワイナリー』クイーンズタウンから1番近場のオススメ観光

ニュージーランド南島の、ワカティプ湖に面した都市、クイーンズタウン。年間130万人の観光客が訪れるクイーンズタウンは、にぎやかで、夜遅くまで明かりの消えない街です。

 

そんな観光都市を満喫し、すこしゆったりとした時間を、すごしたくなったら。

クイーンズタウンの中心地から車で約15分の、アミスフィールドワイナリーがおススメです!

 

アミスフィールドワイナリーについて

アミスフィールドのぶどう畑

上質なワインの産地としても知られるニュージーランド。アミスフィールドがあるセントラル・オタゴ地域は、寒暖の差が激しく乾燥した内陸性気候を活かして、世界でも一流のワインを生産している地域です。

 

『アミスフィールド』の名前のついたワインは全て自社の畑でつくられたワインで、“いいワインは畑が作る”という信念のもと、ブドウの個性を活かしたワインづくりをしています。またワインだけでなく、ビストロレストランの食材も、オーガニックや地元の素材、ハンドメイドにこだわっています。 

 

クイーンズタウンからのアクセス 

わたしたちは、クライストチャーチ空港で車をレンタル。

『クライストチャーチ → テカポ湖 → プカキ湖 → マウントクック → クイーンズタウン』と、車で南下してきました。最後は、クイーンズタウン空港でレンタカーを乗り捨てして、ニュージーランドの国内線でクライストチャーチまで戻り、帰国するという日程。(クイーンズタウンからは、日本への便がないのです。)

 

クイーンズタウン中心部の町中だけを回るのであれば、車はまったく必要ありませんが(むしろ、駐車する場所をさがすのに苦労しました)、レンタカーを借りておくと、クイーンズタウンの近場の観光地まで、カンタンにアクセスできます。

また、レンタカーがなくても、クイーンズタウンはタクシーが走っています。ただし、日本のような流しのタクシーはほとんどなく、電話でホテル等に呼ぶか、市内のタクシー乗り場から乗るのが一般的なようです。

(タクシー会社の電話番号や、料金の目安はこちら)

 

おすすめ!ビストロのガーデンレストラン

アミスフィールドワイナリーに行ったら、ぜひビストロのガーデンレストランで、ワインとチーズを!

山々や湖に囲まれた自然の中で、たえずひびく鳥たちのさえずりを聞きながら、時間の流れを忘れるようなひとときを、過ごすことができます。

ガーデンテラスでワインを楽しむ人々

 

 

◆グラスリースリング : 9NZドル(約720円)

◆レモネード:8NZドル(約640円) 

レモネードと白ワイン(リースリング)

リースリングは、キリッと冷やされていて、フルーティでしっかりと強いブドウ味がありながら、後味スッキリ。かなり好みだったので、自分用のお土産にも購入しました。(約2,000円/本)

 

そして、想定以上だったのが、チーズのおつまみ!

◆チェダーチーズボード:15NZドル(約1,200円)

リースリングをチェダーチーズボード

外食の物価が、日本より高めのニュージーランド。15NZドルのチェダーチーズは、小さいチーズがちょこっと出てくるだけかなぁと思いきや、このボリューム!オシャレなウッドボードで運ばれてくる、チーズとパンとフルーツの盛り合わせに、一気にテンションが上がります。


左から、キウイジャム、酢漬けチェリーのゼリー、ポテトとりんごのクミンジャム、キウイ、チェダーチーズ、クルミの蜜がけ、パン、クッキー、パーパル。

 

メインのチェダーチーズは、カリッとしたうまみの結晶がたくさんあり、パルミジャーノレジャーノにすこし近いような食感。さらに、チェダーならではの、口の中に入れた時の乳感やコクはしっかりあり、クセのないマイルドな風味で、とっても美味。

アミスフィールドワイナリーのチーズは、ニュージーランドで生産されたチーズの中から、厳選してセレクトしているんだとか。他にも、コーダチーズやブルー系のチーズもありました。

クッキー、パン、ジャム、チェダーチーズ、キウイ

さらに、パンやジャム、クッキーなどは、全てホームメイド!

写真左上のクッキーが、うすくて固めでザクザクで。甘すぎず、バターの香りが香ばしい、絶品クッキーだったので、ワインと合わせて購入したかったのですが、『すべてホームメイドなので、どこにも売っていないよ』と言われて、残念。

ワインはもちろんですが、ここでしか味わえない、クッキーやパンも魅力です。

 

ビストロには店内にも席がありますが、気候が良ければぜったいに外がオススメです。

わたしが訪れたのは15:00ころでしたが、テラス席は満席、店内にはほとんどお客さんはいない状況でした。

 

◆AMISFIELD Bistro◆ 

ランチ営業時間:12:00〜15:00(ラストオーダー14:45)

ディナー営業時間:17:00〜20:00(入店できる時間は、17:00、17:15、17:30)★ディナータイムは予約がオススメ

15:00〜17:00は、ワインとチーズなどの軽食が楽しめます。

 

ワインのテイスティング・購入

アミスフィールドはワイナリーなので、テイスティングも、もちろん可能。

10NZドル(約800円)でテイスティングでき、ワインを購入すると、テイスティング料金は返金してくれるという、なんともありがたいシステム。

ワインのテイスティングカウンター

わたしは、ガーデンレストランで出逢ったリースリングに一目惚れしてしまったので、テイスティングはせずに、そのまま購入。

でも、せっかくなら、いろいろ試してみるのも良いと思います。

 

◆テイスティングリスト(2018年11月訪問時)

<泡>ブリュット2016

<白>ソービニヨンブラン2017・2016、ドライリースリング2017、ピノグリス2017、シュナンブラン2018、ロウバーンテラスリースリング2018、バーンピノグリス2017

<赤>ピノノワールロゼ2018、ピノノワール2016・2015、RKVリザーブピノノワール2015

 

◆テイスティングワイン購入価格(2018年11月訪問時)

<泡>約3,600円

<白>一部をのぞき、ほとんどが約2,400円前後

<赤>ピンキリで、約2,400円のものから約10,000円のものまで

 

ブドウ畑

クイーンズタウンを少し離れて、アミスフィールドワイナリーまで来た理由。

ニュージーランドワインを飲みたかったのももちろんですが、山間にひろがる、ブドウ畑を見たかったからです。

 

ブドウ畑のトラクターとヘイズ湖


わたしが訪れたのは11月で、ニュージーランドは春なので、ブドウの木はまだまだ赤ちゃんでした。

ブドウ畑を散歩する私
 

でも、明るい黄緑色がとてもキレイで、畑をながめながらいただくワインは、また格別です。

ガーデンテラスでワインを飲む私

他の欧米系のお客さんや現地のお客さんは、ランチタイムから、そのまま続けてティーン(ワイン)タイムまで、数時間をガーデンテラスで満喫。このまま、ディナーまでいくのでは!?と思うほど、ゆったりと談笑しておりました。

こういう時間の使い方、あこがれます。

 

まとめ

クイーンズタウン中心部の喧騒から、車で15分はなれただけで、そこはまったく別世界!ゆったりした自然と、ステキなアミスフィールドワイナリーに出逢えます。

 

オススメは、ガーデンレストランで、ただただのんびり、ワインをいただくこと。

小鳥のさえずりと、一面グリーンの大地にかこまれて、最高にぜいたくな『自然時間』をすごすことができますよ。

f:id:Lamplitna:20181120085252j:image

※日本円への換算は、1NZドル=80円で換算しています。(2018年11月レート参照)

 

◆AMISFIELD◆ 

所在地:10 Lake Hayes Road,RD 1,Queenstown 9371, New Zealand

電話 :+64 3442 0556