🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

素材を食すイタリアン!フェリチェリーナ(Felicelina)中目黒 ※テーブル席新設

イタリア語で『Felice(フェリーチェ)』=幸せ。

”お客様に小さな幸せを感じていただきたい”という意味が込められた、とってもステキなイタリアンレストラン。

 

席数が少ないので、予約は必須。(1ヶ月前から予約可)

2018年9月で8年目を迎えたフェリチェリーナ。今回はお得なランチタイムに訪問しました。

 

f:id:Lamplitna:20181013150142j:image

 

 

メニューへのこだわり

こちらのこだわりは、全国各地から届く旬の食材。

メニューを作成するために必要な食材を仕入れるのではなく、本日の旬の食材を、最高の状態で召し上がっていただたくために、手を加え完成させたメニューです。

という、いさぎよいコンセプトに、『これはちょっと、良さげじゃない!?』と、かなり期待が高まります。

 

お店の場所

場所は、東横線中目黒駅から徒歩6分。

お散歩気分でのんびり歩いて、少し閑静な住宅街の中。

 

f:id:Lamplitna:20181013115042j:image

 

コンクリートのオシャレなビルの2階が、フェリチェリーナです。


f:id:Lamplitna:20181013115113j:image

 

店内はカウンター13席のみ(テーブル席新設!!) 

 

階段で2階に上がって扉を開けると、カウンター席13席が、全て窓際を向いてつくられている、とてもプライベートな空間。

 

※ちなみに2018年10月に、カウンター席の一部を改装して、ソファのテーブル席が設置されました。

2名テーブル×3つのソファー席が新設。3つのテーブルを合わせれば、最大8名まで座れるそうですが、7名以上の団体は要相談になります。

(カウンター席は、13席→8席になっています。)

 

とても良いお店だったので、3名以上でも訪問しやすくなるのはうれしい!

 

f:id:Lamplitna:20181013115110j:image

こちらは現在のカウンターテーブルから、外を眺めた様子。

ほかのお客様がいっさい視界に入らないので、とってもプライベートな空間です。

 

メニュー

ビーツのシャーベット
f:id:Lamplitna:20181013115050j:image

まずはアミューズ(お通し)のビーツのシャーベット。

写真に写っている野菜、ビーツのピンク色が、とってもかわいい一皿。アミューズにふさわしく、しつこくないさらっとした風味で、食欲が刺激されます。

 

パン3種
f:id:Lamplitna:20181013115123j:image

アミューズのもう1品目として、自家製のパン3種。

オリーブのフォカッチャ、全粒粉の固めのパン、グリッシーニ。

ふわふわのフォカッチャと、かめばかむほど“うまみ“が広がる全粒粉パンは、間違いなくおいしい。

でも、今まで食べたグリッシーニって、スカスカしてて、可もなく不可もないイメージ。

なので、今回もそんなに期待してなかったんですが、これはおいしかったですねー。ひとくち食べると、小麦の香りがふわっとやさしくひろがります。

オリーブオイルも、甘みがあってフレッシュです。

 

サツマイモの冷製ポタージュ
f:id:Lamplitna:20181013115100j:image

ちいさな1口前菜、『サツマイモのポタージュ』。

サツマイモの風味を生かしつつ、クリームでまろやかな風味に仕上げられた、冷製ポタージュです。

 

噴火湾産 甘エビと雲丹
f:id:Lamplitna:20181013115118j:image

前菜から、とっても贅沢な食材が出てきちゃいましたよー。

これはもう!おいしくなワケがないんですが、とろーりあまーい甘エビに、新鮮なウニ。キャビアまで合わさって、最高の前菜!!

柑橘類も上手に使われていて、味の濃い甘エビとウニの風味を、バランス良く引き立てています。

 

瀬戸内産 ハモの唐揚げ
f:id:Lamplitna:20181013115055j:image

お次は、あたたかい前菜。カリッと揚げられた、『ハモの唐揚げ』。

ふわっふわであつあつに揚げられたハモに、左側の黒いオリーブソース、または、右側の赤いトマトソースをつけていただきます。

さらに、唐揚げの下には、きゅうりやパプリカ、タマネギをきざんだピクルスが。

こちらも一緒に食べることで、油っぽさがおさえられ、軽く食べられます。

 

ちなみに。ひっそりと右下にある、フレッシュチーズとドライトマトも絶品!

ドライすぎないドライトマトと、さっぱりコクのあるフレッシュチーズに、思わず『おいしい!!』って声が出ちゃいます。

 

和歌山県産 鮎の塩焼き
f:id:Lamplitna:20181013115045j:image

お魚料理は、『鮎の塩焼き』。

イタリアンに鮎の塩焼き!?

この食材チョイスに、かなり興味シンシン!!わくわく!

 

炭火で香ばしく、ふかふかに塩焼きされた鮎に、3種類のソース。

さきほどの絶品オリーブソースと、“たで“のほろ苦いソース、フレッシュチーズのソースです。

3者3様のソースが、鮎の塩焼きに、イタリアンの魔法をかけます。

味の変化が楽しい一品。

 

大原漁港より 伊勢海美タリオリーニ
f:id:Lamplitna:20181013115052j:image

お楽しみのパスタメニューは、『伊勢海美のタリオリーニ』。

またまた出ちゃいました、高級食材!!

ピリッと辛みがあって、伊勢海美のダシがギュギュっとつまったソースでいただく、しっかり食感のタリオリーニ。

付け合わせの半身の伊勢海美は、あまーくほどよくグリルされています。

 

ちなみに、『伊勢海老』ではなく、『伊勢海美』です。

この伊勢海美は、大原漁港のある“いすみ市沖“で獲れた、伊勢エビのブランド名で、登録商標なんです。

ちなみにいすみ市は、千葉県トップの伊勢海老漁獲量だそうです。

 

オレンジのソルベ
f:id:Lamplitna:20181013115115j:image

メインの前のお口直し。スッキリした『オレンジのソルベ』。

ちなみに、“グラニテ“というのはフレンチで使われる用語のようです。知らなかった〜

 

鹿児島産 福永和牛
f:id:Lamplitna:20181013115103j:image

お肉料理は福永和牛という、鹿児島県の牛肉のグリル。

お肉料理は、牛肉以外にも、鴨や豚や羊など、その日によってさまざま。

今回は、旦那さまが牛肉好きなので、予約の際に、事前に電話でリクエストしておきました。

電話した際、『必ずというお約束はできませんが、いい牛肉が入れば対応させていただきます』という、とても丁寧な回答をいただきました。

 

かなりレアにグリルされた、やわらか〜い牛肉と、パルミジャーノレジャーノ、ルッコラ。赤身のうまみとともに、シンプルにいただきます!

 

デザートプレート

f:id:Lamplitna:20181013120827p:image

今回は、旦那さんのバースデーだったので、デザートプレートへのメッセージも事前にお願いしておきました。

とっても華やかに、デコレートしていただきました!

シソのソルベと、柑橘類がゴロゴロ入ったジュレ。

コース全体のバランスが考え抜かれたデザートで、とてもスッキリ食べられるプレートです。

 

デザート&カフェ

f:id:Lamplitna:20181013120854j:image

最後はゆっくりとコーヒーor紅茶。

モナカの中には、手づくりのきなこアイス。甘さ控えめで、最後までぬかりない締めくくりでした!

 

本日の食材

f:id:Lamplitna:20181013180949j:image

こちらのこだわり食材を、たいへん美味しく、ぜ・い・た・くにいただきました。

 

今回のコースで、スペシャリテお任せランチ6800円のコースです。

席料とグラスワインを合わせて、1人9000円程度。

 

この食材で、1万円以下はすばらしいコストパフォーマンス!! 

特別な日に、大満足できるイタリアンです。

食材も毎日変わるので、ぜひまた行きたいレストランです。

 

以上、『幸せ』イタリアン、フェリチェリーナの紹介ブログでした。

 

◆Felicelina フェリチェリーナ◆

住所:東京都目黒区青葉台1−15−2 AK−3 building 2−a

電話:03−6416−1731