🌿るいともネバーランド🌿

悩み多き30代をアップデートせよ!

ロデオ(RODEO)中目黒でお肉とチーズ!絶品イタリアンブッラータ

中目黒駅から徒歩約5分、山手通り沿いにたたずむロデオ。

『炭トキドキ薪』というコンセプトで、お肉やチーズの炭火焼が、おいしくいただけるカジュアルイタリアンです。

インスタ映え間違いなしの、“ロデオ名物”ミートスパゲッティから、『炭火焼だけじゃない!』絶品ブッラータチーズとの運命の出逢いまで。大満足だったロデオ中目黒を、ブログでご紹介します。

 

お店の外観・内観

f:id:Lamplitna:20181030172448j:image
f:id:Lamplitna:20181030172458j:image

お店の入り口。大通り沿いにありながら、あまり主張しすぎていない入り口に、逆に期待が高まります!!この日は火曜日の夜でしたが、満員御礼。とっても人気のお店です。

 

f:id:Lamplitna:20181030172539j:image

店内は、カウンターが数席と、ハイテーブル3つ。そして、カウンターの奥に4人用のテーブルが1つという、こじんまりとしたお店です。


f:id:Lamplitna:20181030172454j:image

カウンターの上やお店の奥には、薪がたくさん。小さなスペースを効率的に使いながら、オシャレな雰囲気を演出しています。

 

イタリアプーリア州から。絶品!!ブッラータチーズ

わたしがこちらのお店でとっても感動したメニューがこちら。

 

◆ブッラータとトマトのカプレーゼ 800円


f:id:Lamplitna:20181030172002j:image

こちらのまん中にある、とろっとした物体。これがウワサの『ブッラータチーズ』。

 

数年前から日本でもメジャーになってきたブッラータ。イメージは、フレッシュなモッツァレラチーズの中に、とろっとした生クリームが入っているようなイメージ。ここ最近、じわりじわり、きている気がします。そのうち、人気爆発しそうな、よ・か・ん♡

 

ここ最近行ったレストランで、たまたま3件連続でブッラータチーズを食べているわたし。そのなかでも、ロデオのブッラータチーズは別格でしたっ!!

 

そもそもブッラータチーズは、『パルミジャーノ・レッジャーノ』や『ゴルゴンゾーラ』などと違い、【DOP】と呼ばれる、“イタリアの原産地名称保護制度”を取得していません。そのため、産地や製法が厳密に決められておらず、“ブッラータ風”のチーズも出回ることになります。

 

ちなみにロデオのブッラータは、ブッラータ発祥の地である『イタリア・プーリア州』から空輸(時期によっては船便)しているとのこと。 

プーリア州は、イタリア半島の長靴のかかとに位置する州で、とんがり屋根のアルベロベッロや、オリーブオイルでも有名な地域。

そんな南イタリアでつくられた、正真正銘のブッラータチーズ、そりゃぁおいしいワケです。

ここまで素材にこだわるロデオ。ブッラータ以外のお料理にも、期待がふくらみます。

 

お料理

◆インカのめざめチップス

f:id:Lamplitna:20181030172104j:image

お通しのポテトチップス。甘みのあるじゃがいも、『インカのめざめ』を使用し、カリッとあげられたチップスには、あとひくトリュフソルトがまぶされています。

このあと、たくさーんのお料理が待っているのはわかっていても、ついつい手が伸びてしまう1品。

 

◆さんまのミルフィーユ仕立て 880円

f:id:Lamplitna:20181030172108j:image

ミルフィーユのようにかさねられたサンマたち。見た目よりもかなり脂がのっていて、とろっとしたやわらかさ。さすがは旬の魚です。 

 

◆名物 炙りカチョカバロのブルスケッタ 580円/切
f:id:Lamplitna:20181030172009j:image

カチョカバロは、もともとイタリアのナポリ地方でつくられていたチーズ。ひょうたん型のチーズで、日本では、北海道の『花畑牧場』で有名になりました。

こちらのお店でも、北海道産のカチョカバロを使用。あぶってトロトロになったチーズは、あたたかいうちに!

 

◆キノコのオムレツ 880円
f:id:Lamplitna:20181030172017j:image

ポルチーニやマッシュルームが入った、イタリアンなオムレツ。 

 

◆超稀少!!米沢牛レバー炙り 980円 

f:id:Lamplitna:20181030171952j:image

こちら、生でも食べられるレバーを、かるく炙って出してくれます。

レアレバー、うまし! 

 

◆北海道 真ダラ白子のカツレツ 750円 

f:id:Lamplitna:20181030171941j:image


f:id:Lamplitna:20181030171927j:image

なんとも立派でくさみのない白子が、カリカリの衣の中でとろとろりん。 

 

そしてここからは、お肉の炭火焼き4連発! 

◆宮崎県産 サガリ 4,800円/200g 

f:id:Lamplitna:20181030171944j:image

 

◆北海道 長期肥育牛 フィレ 5,000円/200g 

f:id:Lamplitna:20181030172021j:image

 

◆鳥取 田村牛 イチボ 5,000円/200g 

f:id:Lamplitna:20181030172049j:image

 

◆黒毛和牛 ハツ 2,400円/200g

f:id:Lamplitna:20181030172057j:image

 

◎グリルのお肉は、お好きなものを、100gからオーダーできます。(今回の4種類の画像は、すべて200gです。)

全体的にレアな焼き加減。お肉のうまみを堪能できる品々です。 

 

◆名物!『炭トキドキ薪』のミートスパゲティ 1,980円

f:id:Lamplitna:20181030172034j:image

スパゲッティの上に、ハンバーグ『どーーーんっ!』。かなり斬新な、おすがた。

ここから先は、席で仕上げをしてくれます。


f:id:Lamplitna:20181030172052j:image

まずは、デミグラスソースをたーーーっぷり。


f:id:Lamplitna:20181030171958j:image

せっかく焼いたハンバーグですが、くずしてパスタと混ぜ合わせていきます。


f:id:Lamplitna:20181030172111j:image

ハンバーグの肉汁たっぷり。まさにミートのソース!スパゲティ。


f:id:Lamplitna:20181030171923j:image

そしてその上に、本物のイタリア産パルミジャーノレッジャーノを削っていきます。

どんどん、どんどん、惜しみなく削ります。


f:id:Lamplitna:20181030172027j:image

スパゲッティが見えないくらいの、粉雪のようなパルミジャーノ!

ブラックペッパーで味を整えて、完成。

パフォーマンスは200点!みんなでワイワイ、とっても楽しめましたが、個人的には、ちょっと味のパンチが足りなかったかなー。もうひと越えっ!なにかがほしい、お味でした。

まとめ

そんなこんなで、チーズとお肉を食べつくしたロデオ中目黒。

お肉がメインのロデオですが、ぜひチーズについても、店員さんにいろいろ質問しながら楽しんでください。

 

ちなみに、日本人1人あたりのチーズの消費量は、なんと1日平均7g※ぽっち!

1日50g※を消費するEUの、約7分の1の量しか食べられていません。※酪農乳業新聞より

でも、ロデオのブッラータチーズを食べれば、あなたもブッラータの“とりこ”になること間違いなし!ブッラータが、日本のチーズ消費量を底上げする日が来るかも!?そんな予感も感じさせてくれた、RODEO中目黒のご紹介ブログでした。