るいともネバーランド

30代 “こじらせ” 女子をアップデート!『ココロ』も『カラダ』も美人になるブログ

るいともネバーランド

会社辞めたい30代。辞める前に今の会社を最大限利用する方法とは

こちらの記事もおすすめ

この記事は2019年1月24日に更新されました。

パソコンの前で悩む女性


今から約2年前に、連日の超ハードワークから体調(心?)を崩してしまったわたし。

『今すぐ会社辞めるっ!!』って思っていたけど、やっぱり(今はまだ)辞めない理由。

 

それは、今まで10年以上尽くしてきた会社を、今度は逆に、『こちらが最大限利用しよう』と、マインドチェンジしたからです。

 

会社『に』利用されるのではなく、会社『を』利用する

会社に利用されるも、会社を利用するも、自分次第。

本気で会社を辞めようと思った時、見えてる景色がガラリと変わりました。

 

『頑張らなきゃいけない』

『周りの人に、認められなきゃいけない』

『みんなとうまくやっていかなきゃいけない』

これ全部、社会の呪いでした

 

頑張らなくていい。

自分で自分を認めればいい。

だって、合わない人は合わないもん。

 

そう開き直れた時に、あれだけイヤだった職場を、“逆に自分のために利用するんだーっ‼️”っていう目で見られるようになりました。

 

今まで『いい子』でいたいがために、会社や社会の呪いに縛られてきたけど。

(会社と社会って、同じ漢字、、どうりで似てる。。)

いい子じゃなくっていいやって思えたら、◎最大限利用する◎。

そう開き直れた次第です。

 

今まで14年間、そうとう会社に尽くしてきた分、しばらく会社に尽くしてもらおう!

そうマインドチェンジしたことで、会社時間をとても有意義に過ごせるようになりました。

 

ということで、今、『会社を辞めたい。。』と思っている方!

これからの自分の人生のために、とりあえず、会社を最大限利用してみましょう。

 

そしてそんな風に、会社を最大限利用する方法は、以下の3つ。

  1. 給料をいただきながら、本当にやりたいことを見つける
  2. 会社での経験値を上げて、自分を知る
  3. 有給や福利厚生を存分にあじわう

以上3点について、くわしく説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

今の会社を最大利用する方法① 給料をいただきながら、本当にやりたいことを見つける

会社のビル群

とりあえず会社で働きつづけることで、安定したお給料をいただきながら、自分が本当にやりたいことを見つけることができます。

 

『好きなことで食べていきましょう。』

『やりたくないことにしばられてる人生なんて、時間のムダ遣いです。』

うんうん、そうだよね。おっしゃる通りです。

 

でもでも、今まで10年以上、日々の業務に追われて。

くだらない人間関係のしがらみの中で、固定概念ガチガチで生きてきてしまった、30代のわたしたち。

急に『好きなことをやろう!』と思っても、何がやりたいことなのか、自分でもわからないものですよね。

 

わたし自身も、『会社を辞めよう!』と思ってからはじめて、好きなこと探しを始めた状況でした。

 

そんな状態の中で、雑念のない、ピュアな子供のころみたいな気持ちになれるように。

つまり、お金が稼げるとか、稼げないとか、そんなことでジャッジしなくいいように。

(『稼げそう』とか『安定していそう』とかで次の仕事を探したら、それこそまた、同じことの繰り返しになってしまう危険性大!)

まずは、ただただ自分が好きなことを感じられるように

 

『天職』という言葉があるように、本当に好きなことを仕事にできたとき、人はすばらしいパフォーマンスを発揮し、最高の幸福感を感じることができます。

 

そして、それをまだ見つけられていないとしたら。今の会社で安定した収入をいただきながら、心のゆとりを持って好きなことをさがせるのって、とってもラッキー。

辞めるのは、いつでもできます。そのうち、本当にやりたいことが見えてきたら、スパッと辞めればいいんです。

 

もしかしたら、趣味とかボランティアみたいな、そいういうことが自分のやりがいだと気づいたら。

今の仕事をつづけながら、何足でもわらじをはいて、人生を楽しむという選択肢もあります。 

 

とにかく、自分の『好き』や『楽しいっ』にブロックをかけないために。

とりあえず、いまの仕事をキープしながら。

ゆとりを持って、自分が本当にやりたいことを見つけましょう。

スポンサーリンク

 

 

今の会社を最大限利用する方法② 経験値を上げて自分を知る

職場デスクのノートパソコンとiPad 

好きなことを見つけるためには、自分自身を知ることが必要不可欠。

そして、会社という組織での経験は、『自分のやりがい』や『自分が大切にしたい価値観』、逆に、『自分がやりたくないこと』など。

自分についての多くのことを、教えてくれます。

 

たとえばわたしの場合は、四苦八苦しながらも、世の中になかったような新しいスイーツを開発して、発売までたどりついたとき。

『やっぱりわたしは、モノづくりが好き』なんだって、自分の“やりがいポイント”に気づきました。

 

また、お客さまと心からの信頼関係が築くことができたときや、仕事を通して、生き方に刺激を受けるような人と、出会えたとき。

『好きな人や尊敬する人と仕事をするって、こんなに楽しいんだ』って、自分が大切にしたい価値観に気づいたり。

 

逆にイヤなことがあったときには、『あ、あたし、これはやりたくないんだ』っていうこともわかります。

そしたらそこから、それをやらないためには、どうすればいいのかって考えられる。

イヤなことって、むしろ楽しいことよりも、自分を教えてくれる貴重な材料なのです。

 

そんな風に、組織でさまざまな経験を積みながら、『自分なりの価値観をみつける場所』として会社時間をつかってみる。

または、『なんか違うっ!』って思うことを体感して、そうならないためにはどうしたらいいかを、必死で考える場にする。

 

そうすればきっと、会社で働いている今の時間も、ムダな時間にはならないはずです。 

  

今の会社を最大限利用する方法③ 有休や福利厚生を存分に味わう

コーヒーでほっと一息 

会社員として、給与とおなじくらい大きなメリット。

それは、会社を数日間休んでも、すぐに収入が停止することはないということ。

 

30代で何年間も働いていれば、有給もたっぷりありますよね。

ムダに会社に尽くしまくっていたわたしも、ほとんど有給を使うことなく、毎年消滅していました。

 

でも、あたりまえのことですけど、有給は権利。

『これ以上がんばったら、ちょっとヤバそう。』

『今日は、どうしても会社に行きたくない。』

自分の中からそんなサインが出てきたら、堂々と有給を使って、一息つけばいいんです。

ためしに数日間連続で休んでみて、“擬似退職体験”をしてみるのもアリです。

 

さらにたまには、体調不良や会社に行きたくないときだけではなく、意図的に、自分の趣味や楽しみのために、有給をとってみましょう。

それだけで、かなりぜいたくな気分を味わえること、間違いなしです。

 

また、女性であれば、出産や育児などで、仕事をセーブしなければいけない期間が出てくることもありますよね。(育児は男性もありますね。)

そんな時にも、何年も働いてきた会社の方が、産休も育休も取りやすいと思います。

 

そのほかにも、“介護休暇”や“ボランティア休暇”、“ベビッシッターの補助金”や“会社の保養所”などなど。
会社には、意外とさまざまな福利厚生があるもの。

 

仕事に追われて必死になっていたときには、会社の制度を調べる余裕もありませんでしたが、よくよく確認してみると、わたしの会社にも、(制度としては)いろいろな福利厚生がありました。

ほんとにぜんぜん知らなかったー!

 

だから、有休も、産休も、補助金も、もらえるもんは、全部いただいてから、考えてあげることにしました。笑

スポンサーリンク

 

 

おわりに 

『今すぐ会社辞める!』

このことに迷いのない方は、そのままどんどん突き進めると思います。

この記事にたどりつくこともないでしょう。

 

でも、わたしとおなじように、まだ少し迷っている方。

1度開き直って、『どうせ辞めるんだから、最後に会社を利用してやろう!』と考えてみる。

そうすることで、辞めないメリットが見えてくるかもしれません。

 

わたしの場合も、

  • 心にゆとりを持って、好きなことさがしができる。
  • 会社での経験から、自分の価値観を再確認できる。
  • 有休や福利厚生を堪能できる。

などなど、いろんなメリットが見えてきました。

 

結果、いまのわたしは、片足は会社に残しながら。でも着々と、とびきりの人生を作る準備進めている最中です。

(会社の人にもだれにも内緒です。ふふふ

 

仕事はつづけながら、もう片方の足では、いままで知らなかった世界を見て感じて。

少しづつ自分自身をアップデート。

 

中途半端なようだけど、意外とメリットが多い会社を利用しながら、自分の人生を見つめなおすという方法。

 

『会社辞めたいっ!でもすこし迷ってる。。』という方や、ストレス社会で、一途にがんばりスギな30代の方に。

【会社辞める、その前に。(せっかくだから)会社を最大限利用する!】

とってもおすすめしたい戦法です。

 

www.ruineba.com